ご利用前に必ずお読みください。
フォーラムTOP > 無料レンタルサーバー > ChromeのSSL証明書の例外設定(途中の設定)について

ChromeのSSL証明書の例外設定(途中の設定)について

by gulamiさん (40e4b79e)
投稿数:1回
(ベストアンサー:0回)
2018/07/04 13:15
SSL化についてChormeで警告が出たのでサポートで聞いてみましたが
「SSL証明書の例外設定に追加した上で確認をお願いします」とのことだったんですが、
それ以降の質問には無料サービスなのでサポート対象外ということでこちらのフォーラムを勧められました。

過去にもトピックがありますが、途中の設定がわからなくて困っています。どなたか教えていただけると助かります。

1.SSL化したサイトのURLに表示されている「!保護されてません」を開いて「証明書」をクリック
2.開いたページにある「詳細」タブを選択して開いたページの「ファイルにコピー」をクリック
3.「証明書のエクスポートウィザードの開始」のページの「次へ」をクリック

今ここで止まっています。
使用する形式を選択するようにとのことで以下の形式が並んでいるのですがどれを選択して良いのかわかりません。

・DER encoded binary x.509(.CER)(D)
・Base 64 encoded x.509(.CER)(S)
・Cryptographic Massage Syntax Standard - PKCS #7 証明書(.P7B)(C)
  ☐照明のパスにある証明書を可能であればすべて含む(I)

またいずれかを選んで「次へ」をクリックすると、次のページでは「エクスポートするファイルの名前を入力してください」と
いう案内が出るのですが、そのファイルの名前が何なのかがわかりません。
任意で良いということであれば、「SSL証明書」などでもいいのでしょうか?

初歩的な質問なのかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
回答する
解決済みにする
by gulamiさん (40e4b79e)
投稿数:1回
(ベストアンサー:0回)
2018/07/07 19:36
あれから自分で色々調べましたが、結局無料レンタルサーバーではSSL化ができないことがわかりました。
こちらでも以前にトピックをあげてらっしゃる方がいらっしゃいましたね。

サポートの方の「SSL証明書の例外設定に追加した上で確認をお願いします」はなんだったんでしょう。
「無料レンタルサーバーだとSSL化はできません」とおっしゃっていただいた方がよっぽど清々しいし、時間の無駄になりませんでした。

とても残念です。
情報を探していらっしゃる方もいるかと思いますので、その方達のためにトピックは残しておきます。
この回答に返信する